会長挨拶

会長

会長 川本博文

倉吉東ロータリークラブ第51代会長を務めさせて頂く事になりました。
昨年創立50周年を迎え新たに51周年に向かい責任の重さを感じております。これまで多くの先輩方が築いてこられたロータリーの歴史に敬意を払い感謝申し上げ、クラブの充実を図って参りたいと思います。
まずは2020−21年度「ロータリーは機会の扉を開く」ホルガー・クナークRI会長のテーマです。無限の機会への招待、私たちのあらゆる行動がどこかで誰かのためになる機会を開くと言う意味です。
そして菊池捷男地区ガバナーのスローガン「心の扉を開こう」です。これもRI会長同様我々ロータリーアンが職場、地域、社会に何ができるかを追求し実行して行こうと言う意味です。
現在クラブ運営にあたり新型コロナウイルスの影響で地区行事、クラブの例会、行事に対して思うように出来ませんが社会情勢を見ながら会員、会員の家族の安全を最優先に考え一年を乗り越えたいと思います。困難に打ち勝つ姿勢がロータリーの誇りとし社会の模範となれるよう、本年度私のスローガン「奉仕の心を開く」をテーマに頑張りますので会員の皆様どうぞよろしくお願い致します。


クラブ目標と活動方針
・例会時に「四つのテスト唱和」
・会員増強「チャレンジ55」
・会員親睦「IDM、夜間例会、各同好会の開催」・「家族参加の行事」
・ロータリー財団への年次寄付の継続
・地区行事の参加
・青少年への奉仕