会長挨拶

会長

会長 清水 雅文

1969年11月1日、倉吉ロータリークラブをスポンサークラブとして創立されて
今年、2019年11月1日に創立50周年を迎えます。50年の長きにわたり、多くのロータリアンが築かれた歴史あるクラブの会長を拝命し、とても名誉であり、その責任の重大さに心身共に引き締まる思いです。

社会全体を見渡せば、低迷する経済と新たな格差の発生、それに追い打ちをかけるように多くの災害も発生しました。
新たな令和の時代、皆様にとっても、クラブにとっても希望に満ちたクラブ運営を目指したいと思います。
2019-2020年度RIのテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。
2020年7月には東京オリンピックが開催され、情報通信の更なる発達と経済のグローバル化、またAIの進化、社会の国際化も更に進むと予想されます。その中で人と人のつながりをロータリーの奉仕を通じて深め、次代に向けて新たな1歩を踏み出したいと思います。
50周年を迎えるに当たり、ロータリーの基本(心と原点)のもとに、変えてもいいものと変えてはいけないものを今一度考え、地域に根差したロータリークラブを築きたいと思います。50年は地域の皆様に支えられ歩んだものです。ここで故桑名富雄会長にお許しをいただき、40周年を迎えられたときのテーマ「ロータリーは地域と共に」を今年度の基本方針とします。

50周年記念事業は井木久博実行委員長の下、「温故知新」を開催テーマに会員一丸となって行いたいと思います。

今年度も会員の皆様の更なるご理解、ご協力を切にお願い致します。


本年度の目標
・50周年記念事業
・例会時に「四つのテスト唱和」
・会員増強「チャレンジ55」、会員維持
・会員親睦 IDM・夜例会の定期的開催
・青少年への奉仕